So-net無料ブログ作成

本気で見つける気がなければ、見つからない! [リスク]

長崎市宮崎町の川原大池公園で見つかった野鳥のオシドリ2羽の死骸から、鳥インフルエンザの高病原性ウイルス(H5亜型)の遺伝子が検出された。県は5日、発見場所から半径10キロ以内にある飼養農家2戸を立ち入り検査したが、異常は見つかっていないという。

 県の発表によると、高病原性ウイルスが検出された2羽のうち1羽は、1月31日に回収されたオシドリ。当初「高病原性の可能性は低い」と発表していたが、農林水産省から別の方法で検査するよう助言があり、4日に再検査したところH5亜型の陽性反応が出た。もう1羽は、4日に同池で死骸で見つかったオシドリ3羽のうちの1羽という。

こちらの記事は長崎の地方版の記事であるが

この記事からも伺えるのは

検査をしたときに「本気で見つけようとしていたのか?」

気持ちのどこかに見つかって欲しくないという気持ちはなかったか?

微生物検査でもよくあることであるが、企業内の品質管理室などで検査をしたら出てこない

しかし別に検査をしたら出てきたりする

 

そこには「出てくるな」「出てきて欲しくない」という気持ちが働き、出てきそうもない部位を調べていたり、検査方法が甘い場合が多い!

 

本気で見つけようとしていない!ここで見つかって欲しい!今、見つけることができれば早い対応が取れる!

そういう検査をしなければ、見つからないこともままある…

 

そこに行政の甘さがあるのである!

 

何もないことを喜ぶのではなく、何かを一秒でも早く見つけることができたことに喜びを感じるようにならなければならない!

危機管理とはそういうものである

早く見つかれば、早く対応が取れる!

結果はそれをする人間の姿勢や意識に必ず反映する!

 

食品安全システムの実践理論

食品安全システムの実践理論

  • 作者: 山田 友紀子
  • 出版社/メーカー: 昭和堂
  • 発売日: 2004/04
  • メディア: 単行本

食の安全を求めて ―食の安全と科学― (学術会議叢書(16))

食の安全を求めて ―食の安全と科学― (学術会議叢書(16))

  • 作者: 唐木 英明
  • 出版社/メーカー: 日本学術協力財団
  • 発売日: 2010/02/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

知らなきゃヤバイ!食品流通が食の安全を脅かす (B&Tブックス)

知らなきゃヤバイ!食品流通が食の安全を脅かす (B&Tブックス)

  • 作者: 米虫 節夫
  • 出版社/メーカー: 日刊工業新聞社
  • 発売日: 2010/02
  • メディア: 単行本

食品安全の正しい常識―誤解や勘違いを解く

食品安全の正しい常識―誤解や勘違いを解く

  • 作者: 食品安全ネットワーク
  • 出版社/メーカー: 工業調査会
  • 発売日: 2009/12
  • メディア: 単行本

どうすれば食の安全は守られるのか―いま、食品企業に求められる品質保証の考え方

どうすれば食の安全は守られるのか―いま、食品企業に求められる品質保証の考え方

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日科技連出版社
  • 発売日: 2008/08
  • メディア: 単行本

現場で役立つ食品衛生微生物Q&A

現場で役立つ食品衛生微生物Q&A

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 中央法規出版
  • 発売日: 2005/07
  • メディア: 単行本

ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)

ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)

  • 作者: 畝山 智香子
  • 出版社/メーカー: 化学同人
  • 発売日: 2009/11/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。