So-net無料ブログ作成

一次産業との関係 [リスク]

気候変動が及ぼす問題点として

 

一番に影響を受けるのは、一次産業が中心に国々になるのは当たり前のことで

 

それが欧米や日本などの2次、3次中心の国にとっては

単に経済性の問題より、一次産業がその国の総生産に占める割合が低いためであることは

容易に想像できる

 

 

ただ、そのことで、総生産に影響はないかもしれないが

間接的には国民生活に大きな影響が及びことは明白であり

 

特に日本のように食料自給率の低い国は、大きな問題になる可能性がある。

 

欧米諸国は食料自給率も高く、その上で二次、三次産業も大きな力があることにより

一定のリスクはあっても、日本ほどのリスクはないと考えられる

 

気候変動がどうということではなくて

日本も食料自給率を上げることをしていくことが、さまざまなリスク回避に影響してくる

今の日本経済はまさにゆがんだものであり

そこにさらにTPPを進めるのであれば、日本経済の崩壊、国民生活の崩壊につながり

その上に消費税の増税、年金引き下げ、医療費負担の増加など

 

まさに日本国民はこのまま行けば難民にもなりかねない

海外に出稼ぎに行き、海外で生活をし、日本そのものをなくしてしまうような

 

現政権の政策は一刻も早く阻止しなければならない!

 


















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。